ほとんどの妊婦が体験するつわりの種類について

つわりと言えば、なんとなくマンガなどで吐き気がして妊娠が分かったと言った場面がよくあるため、自分が妊娠を経験するまではつわりとは吐き気がするもの・吐くものなのだと認識していました。

しかし、実際に妊娠してみると妊娠前には起こらなかったようないろいろな不調に悩まされました。

最初はつわりとは吐くものという認識でしたが、ネットなどで調べる内、つわりにもいろいろな

種類があり、人によって差があることが分かりました。

例えば私の場合は、空腹になると気持ち悪くなる食べつわりやなぜかどれだけでも寝れる眠りつわり

などの症状が現れ、怠くて体は動かないわ・ものすごい空腹に襲われて夜中に起きてしまうわで

とてもつらい思いをしました。

しかも、食べつわりでも何でも食べれるわけではなく、パンやポテトなどあまり体に良くないもの

ばかりがおいしく感じ、食べられるものも限られてしまいました。

その他、寒気やほてりなどの症状もあってとても大変でした。

仕事も休みがちになり、家事も満足にできなかった為、仕事で疲れた夫に家事をしてもらったり

と迷惑をかけることが多々ありました。

この経験で、わたしはつわりは1つだけではなく、人によっては複数のつわりが襲いかかる場合が

あることを知りました。

また、私が体験したつわり以外にも、吐きつわりやよだれつわりなどのつわりもあるようです。

特に重症化しやすいのはやはり吐きつわりで、食べられるものもほとんどないような状態になる人が

多々みえるようですし、場合によっては飲み物すら受け付けず脱水症状で入院になる場合も

あるようです。

重症化したものを放置すると母子ともに危険になるため、我慢しすぎも良くないと思います。

しかし、中にはつわりが全くなく楽だったという方もみえますし、1人目がつわりが軽かった方でも

2人目では重症化したりする場合もあります。

その時その時で症状も程度も違ってくる為、不安になるかもしれませんが、赤ちゃんが頑張って

育っているのだと考え、頑張るしかありません。

ただ、病院に行けばその症状を緩和する点滴などを受けられることもあるため、相談をすることが

大事だと思いますし、何なら食べれるかなどを頑張って探し、少しでも飲み物や食べ物を摂取する

よう努力する必要があると思います。

また、つわりというものは、男性が理解するのは難しいかと思いますが、吐きつわりはネットで

「二日酔いの状態でまた飲まされる」ような状態だと書かれていました。

そのように例えて少しでも理解してもらえると妊婦さんはストレスなく休むことが出来ると思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です