妊婦生活を経て、赤ちゃんに会えるまでの道のり

私は、現在4歳になる、娘の母です。

結婚から6か月後に待望の赤ちゃん。、授かりました。

初めてのことでしたので、最初は、妊娠に気づかずに、お正月だったこともあり、お酒を飲んだり、ちょっと熱っぽく、風邪の症状も出ていたので、風邪薬まで服用してしまいました。

その後、年も明けたので、主人と初詣に行こうということになり、伊勢神宮までの道のりを車で3時間かけて、走っている中、私は夜中だったこともあり、眠ってしまいました。

そして、そのときに見た初夢が、お腹に赤ちゃんを授かった夢だったんです。

私は、すぐにそれを主人に話ました。これが、正夢だったら、すごいね、嬉しいね、と言いながら、伊勢神宮で、どうか授かっていますように…。と夫婦でお願いをして帰ってきました。

何故か、初夢がすごく気になった私は、翌日に、ドラッグストアに向かい、妊娠検査薬を購入し、早速家に帰って検査をしてみました。

すると、うっすらと、陽性反応が出たのです??もうびっくりして、トイレでしばらく手が震えてしまって、止まらなかったのを、よく覚えています。

それから、すぐに、産婦人科に行き見てもらった所、まだ4週で、本当に小さな小さな袋が見えただけでしたが、ちゃんと、子宮に着床してくれていたのが分かり、すぐに、主人に電話で報告をして大変喜びました。

それからの、生活は、つわりが始まり、2か月ほどは、何をしても気持ちが悪く、トイレと仲良し生活が始まりました。

しかし、5か月の安定期に入ると、すっかり体調もよくなり、気分も良く、過ごすことができました。

だんだんとお腹が大きくなり、腰に負担がかかり、腰痛に悩まされたり、体重が増えて、足の裏がものすごく痛くなったりと、身体に変化が現れてきました。主人に毎晩マッサージをしてもらったりと、サポートしてもらいました。

8か月くらいから、少しずつ、子宮頸管が短くなっていき、2センチをきってしまったので、自宅で絶対安静を言われました。

お風呂と、食事以外は動かないようにして、早産にならないように、気をつけて生活していました。

安静のおかげで、なんとか臨月を迎えることができて、予定日より、10日早く、陣痛から6時間のスピード出産になりましたが、無事に元気な赤ちゃんを生むことがでしました。

生まれた赤ちゃんは、すぐにオッパイを吸い始め、私は、それに驚きました。誰も教えていないので、人間の本能ってすごいな。と思いました。

出産は奇跡です。生まれてきてくれた娘が愛おしくてだりません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です