働きながら2人目妊娠は1人目より大変だった

正社員フルタイムで働きながら、2人目を妊娠しました。

一般的には2人目の方がつわりは軽いとか、上の子と性別が違うとつわりがひどくなるとか言われたりしますが、私の場合は1人目も2人目も男の子でしたが2人目のつわりはとても長くキツかったです。

妊娠初期から8ヶ月頃まで口の中が常に気持ち悪く、食べても食べなくても気持ち悪い、気分が優れない状態が続きました。

また1人目の子どもを自転車で保育園まで送り迎えしていたため、日に日に大きくなるお腹の子は無視というか後回しにせざるを得ない状態でした。そのせいかお腹の張りも頻繁に感じました。

電車で会社へ通勤しなければならなかったのですが、1人目の時は自分が少し早起きして座れる電車を選ぶ事も出来ましたが、2人目の場合は1人目を保育園に送ってからしか電車に乗れないため、常に満員電車で立っての通勤となり、つわりが長引いたのもあってとてもイライラしました。

電車通勤ではマタニティマークがあっても優先席の前にいても朝は誰も気づかないし譲ってくれないので毎日通勤出来た事が奇跡だと思っています。

2人目妊娠は平日会社勤めだけでなく、休みの日もゆっくり出来ないというのが難点です。1人目は外遊びがしたい盛り、付き合わない訳にはいきません。

動けないほどのつわりではなかったものの、横になれるのは1人目の子がお昼寝している時だけ。

その時間も晩ご飯やたまった家事をしたいがために寝られず仕舞いの日々。そうしてストレス解消は大好きなスイーツを食べる事だけだったのですが、今度は体重増加の指導が入ってしまうのでそれもなかなか出来ず苦労しました。

妊婦検診のために有給を取り、それによって仕事がうまく進まない事もありました。

そんな時に限って1人目の子が病気になって看病で更に休み、看病しながらも1人目の子の風邪がうつらないように自分も気をつけていなければならなかったので大変だったなと感じました。

妊娠した時から色々ありましたが、妊婦生活にもつらいながら慣れてきた妊娠後期に入り、産前休業まであと1ヶ月というタイミングでまさかの切迫早産の危機。

背に腹はかえられないと思い、会社へは時差出勤を申し入れてなるべく2人目に負担がかからないように座れる電車を利用したり、送り迎えを家族協力して回したりと工夫して乗り切りました。

結果的に薬の効果もあっては切迫早産にはならず、予定日近くまでお腹の中にいてくれたのは本当に良かったと思います。

2人目の妊娠だったのでつわりは軽いだろう、などと油断していましたが、2人目妊娠以降の方が様々な事で母体と赤ちゃん優先には出来ず、苦労するのだと身を持って体験しました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です