いろいろあったけど、子供2人出産しました!

私は生まれつき丈夫な身体、健康体なので、安産だと思っていました。

それまで、入院するような大きな病気もしたことがありませんでした。

しかし、最初の妊娠は胎児が育たず、心拍の確認ができないまま流産してしまいました。

半年後、二度目の妊娠はとても嬉しかったです。葉酸サプリを飲んで、妊娠中は慎重に過ごしました。

食べすぎに気を付け、週末は2時間ほどの散歩などの運動を心がけ、体重増加は最終的に10kgぐらいに押さえました。

妊娠後期は貧血と診断されたので、鉄分の薬を飲み、ほうれん草やひじき等、鉄分の多い物を食べるようにしました。

臨月に入り、いよいよと思いましたが、なかなか陣痛が始まらず、とうとう出産予定日(妊娠40週目)になってしまいました。

初産は遅れ気味になると聞いていましたが、1週間ごとだった妊婦検診が2~3日おきになり、妊娠41週目に入院することになりました。

入院したら、飲み薬と点滴で陣痛促進剤の投与が始まりました。すぐに効果が表れ、陣痛が始まるのかと思いましたが、全然でした。

主人からは「どう?」と頻繁にメールが来るし、母は「まだ?」としょっちゅう病院に現れて、すごくストレスに感じました。

翌日は日曜なので、陣痛促進剤の投与は休みにするけど、退院はできませんと助産師さんに言われ、点滴の針がはずされました。

そしたら翌朝、破水して、6時間後から陣痛が始まり、やっと来たと喜びました。

しかし、翌日になっても陣痛の間隔が縮まらず、10分おきぐらいが続き、寝不足で体力の限界と思っていたら、胎児の心拍が落ちてきて、緊急帝王切開になりました。

結局、妊娠42週目の出産となり、赤ちゃんは3860gありましたが、念のため、数日の間、保育器に入って、心拍の確認をしてもらいました。

私もまあ無事でしたが、出産後は下半身麻酔が半日抜けず、寝返りは打てないし、ベッド脇にある電話やリモコンを取ることもできませんでした。

後日、帝王切開について調べたら、5人に1人の割合と知り、結構多い確率と思いました。

陣痛があった2日間は食べても吐いてしまい、全然食べていなかったので、退院時には10kg増だった体重はすっかり元に戻っていました。

その後、2人目も妊娠し、普通分娩にチャレンジできる病院もありましたが、私の病院は傷口が開く心配があるから帝王切開を推奨していました。

私もやむを得ないとあきらめました。

帝王切開は普通分娩より入院期間が長く、私の入院中、上の子を実家に預けることを検討しました。

しかし、主人が手術日(出産日)が決まった時点で育児休暇を取ってくれたので、主人が上の子を預かってくれました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です